カレンダー

« 2011年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

中村一樹の取材歴の最近のブログ記事

本日発売の「ケイコとマナブ」の平成24年1月号に取材記事が掲載されました。

今回は「これが資格の新常識!」と題して、「資格を選ぶとき」「勉強スケジュールを立てるとき」「勉強をするとき」「いざ活かすとき」などに役立つ知識やテクニックを紹介しています。すべての受験生に有効なアドバイスをしていますので、詳細についてはぜひ本誌でご覧ください。

これから何か始めようという方、いま特定の試験に向けて勉強している方、前回試験で失敗して痛い目にあっている方、資格を選ぶ際に参考にしてみてください。

【雑誌のホームページはこちら】

昨日発売の「週刊東洋経済」の平成23年11月14日号に取材記事が掲載されました。

今回は「社会人からでも教員になる方法」を紹介しています。教員資格を取るには単位の取得や教育実習などの様々なハードルがありますが、社会人にはなかなか時間がとれません。それをクリアする手法や教育実習なしで資格を取る方法、または教員免許なしで教員採用試験に合格する方法などを紹介しています。

これから教員免許を取ろうという女子大生、いま教員採用試験に向けて勉強をしているという方、教師への転職を考えている方も是非参考にしてみてください。

 

本日発売の「BLENDA」の平成23年12月号に取材記事が掲載されました。久しぶりのファッション誌登場です。

今回は「就活」をする女子大生に対して、資格の有効活用法・アピール法について述べています。これからでも就職活動に間に合う資格の紹介や、それぞれの効果的なアピール方法を紹介していますので、詳細についてはぜひ本誌でご覧ください。

これから就職活動を始めようという女子大生、いま将来に向けて準備をしているという方、転職を考えている方も是非参考にしてみてください。

 

本日発売の「週刊朝日」の平成23年11月4日号に取材記事が掲載されました。

今回は「食いつなぐためのサバイバル術!」と題して、68歳の年金支給開始までに資格をとって食いつなぐ方法などを紹介しています。公務員などでも資格を取って退職後を考えている人などを紹介していますので、詳細についてはぜひ本誌でご覧ください。

なお、国家公務員の場合には、年金支給年齢が上がるとともに継続雇用が長くなる制度があります。そういう点では本当は心配ないのですが・・・。

将来の年金が心配になっている方、これからに備えて勉強している方、とにかく何とかしなきゃと思っている方、資格を選ぶ際に参考にしてみてください。

【雑誌のホームページはこちら】

本日発売の「女性自身」の平成23年10月11号に取材記事が掲載されました。久しぶりの女性誌登場です。

今回は「パート年収が倍になる!簡単&確実な資格15」と題して、主婦向けにお勧めな資格とそのアピール方法について述べています。詳細についてはぜひ本誌でご覧ください。

これから仕事を始めようという専業主婦の方、いまの仕事で時給をあげようと考えている方、転職を考えている方も是非参考にしてみてください。

 

先週来、週刊ダイヤモンドに載せられた記事についてさまざまなメールをいただいております。意外と受験生はこんなものまで目を通しているのだなあということで感心させられました。

たしかに、平均年収の面でも、待遇の面でも、さまざまな優遇措置のある公務員については、批判もあるかと思います。ただ、公務員になるためにはそれ相応の努力をしています。

私自身は「公務員になりたい」と強く思っている人の夢をかなえるための方策をさまざま考えることが仕事の一つになっております。雑誌ではかけないようなことについてもたくさん知っておりますが、これらについてはなかなか公にできるものではありません。それぐらい、「公務員になる」ということを実現する方法はたくさんあります。

皆様から頂いた問い合わせメールについては、一つ一つ返事は出そうと思っております。まだの人、ごめんなさいね。

本日発売の「週刊ダイヤモンド」の平成23年10月15日号に取材記事が掲載されました。

今回は「公務員」の特集であり、全国809市区の給料データや公務員の受ける優遇措置についての記事です。私が担当したのは、その公務員になるための抜け道等についてです。どうやったら公務員たる身分を楽して取得できるかについてのノウハウの一部を紹介していますので、詳細についてはぜひ本誌でご覧ください。

これから公務員になろうという方、いま特定の試験に向けて勉強している方、前回試験で失敗して痛い目にあっている方、税人も参考にしてみてください。

学習院大学の学校新聞である「学習院大学新聞」に載りました。夏休みの間に学生記者さんたちが来て、楽しい取材を受けました。

内容的には勉強術について。私流に学生に向けたアドバイスをさせていただきました。内容についてはみなさんは見ることはないかもしれませんが、学習院大学に行くことあがればぜひどうぞ。

 

今日の日本代表のサッカーの試合は「結果」も「内容」もとてもよかった。みていて非常に気持ちいい試合だったとおもわれる。

もちろん今日の試合はいわゆる公式戦ではなく、練習試合の一つにすぎない。そして練習試合においては「結果」よりも「内容」が重視されることが多い。勝つか負けるかよりも、どのような課題が見つかるか、どのような経過をたどったのかということが大事である。事前に練習していた内容と比べて何ができて何ができなかったのか、いいところと悪いところをその後に分析して反省し、その後の公式戦に臨むのである。今日のサッカーの試合、少なからず反省すべき内容もあったので、こういった点はしっかりと分析し、今後生かしていくべきであろう。

勉強においても全く同じことが言えるのである。本試験の前に模擬試験を受けたり、自分で過去問を解いたりということを行う受験生がほとんどであろう。こういった場合には、できたかできなかったか、合格点が取れたかどうかという「結果」は二の次である。問題はその点数の内容である。ヤマ勘があたって、思ったよりも点数が取れたというのではダメでしょう。自分で「自信を持ってできた」といえるような問題がいくつあったのか、どの問題が不安に思えたのか、迷った時にどういう冷静な行動がとれたのか、こういったことを一つ一つ振り返って反省し、今後に生かさなければならない。このように、何点取れたかという「結果」よりも、その試験での「内容」が重要で、そこから何を学んで来るべき本試験で生かすのかということがはっきりと分析しなければ、勉強の効果を生かすことができないであろう。

これに対して、本試験は「結果」がすべてであり、合格という結果が得られなければ意味がない。たとえ1点差であっても不足していれば、「おしかったね」という慰めの言葉しかもらえない。「内容」よりも、ラッキーも含めて「結果」が出ることが一番である。

ただし、本試験という公式戦において結果を出すためには、普段からそれを意識して勉強という練習をしなければならない。少なくとも、僕はこれを強く意識して学習し、成功してきていると思っている。皆さんはいかがでしょうか?

テレビにどの程度出ているのか?という質問をされることがある。私は芸能人でもないし、これで生活しているわけでもなんでもないので、好き好んで出演しているわけではないが、まあ番組の趣旨が理解できて、時間的な余裕があれば付き合っている程度である。

そんな出演暦をまとめてくれているサイトを発見した。いやはや、私自身も整理していないのにありがたいものだ。2009年以降だけでも、こうみると意外とでているのだなあ、と振り返ってみた。ただ、地方局にもいろいろと出ているのに、こちらの方は無視されているのだということもわかった(今年もNHKや関西テレビなどに行ったのに・・・)。

共演したかたがたも多岐にわたっており、いやはやちょっとした思い出のアルバムのようである。

【出演暦サイトはこちら】

成美堂出版から毎年発売されている「最新最強の資格の取り方選び方 全ガイド」の2013年版が発売されました。

今年から、資格試験の効率的な勉強方についてコラムを掲載しています。All Aboutの資格のガイドとしても有名な鈴木さんも別のコラムで一緒させていただいています。

この分野ではよく売れている書籍です。資格選びには最適ですので、よろしかったらご覧ください。

【書籍の購入はこちら】

高橋書店から毎年発売されている「資格取り方選び方 全ガイド」の2013年版が発売されました。

今年もキーワードに基づいて、どのような資格が流行するかを分析するコラムを書いています。毎年恒例の記事となっています。

この分野ではよく売れている書籍です。資格選びには最適ですので、よろしかったらご覧ください。

【書籍の購入はこちら】

本日発売の「ケイコとマナブ」の平成23年7月号に取材記事が掲載されました。

今回は効率アップする勉強テクニックについてアドバイスをしています。論述式試験の対策から暗記に有効な方法まで、いくつかのポイントに分けて紹介しています。すべての受験生に有効なアドバイスをしていますので、詳細についてはぜひ本誌でご覧ください。

これから何か始めようという方、いま特定の試験に向けて勉強している方、前回試験で失敗して痛い目にあっている方、資格を選ぶ際に参考にしてみてください。

【雑誌のホームページはこちら】

本日、以前に収録していたテレビ朝日系列の番組「MAXブレイン」、およびFM東京のトーク番組「Dear Partner」のオンエアがありました。一日に二つのはしごのようですが、実際にはともに事前収録でしたので。

MAXブレインの方は、はっきりいってくじ運です。2回戦で一番強い人と当たってしまい、健闘むなしくやぶれさりました。まあ、仕方ないでしょう。ラジオの方では、松任谷さんの上手なトークに載せられてしまいました。心の中を洗濯していただいたような気がします。

また、今後もテレビやラジオ出演はちょこちょことは行っていきたいと思います。まあ、秋まではちょっと忙しいのでお断りしていますが・・・。

再来週の日曜日、平成23年5月22日にFM東京系列の番組「Dear Partner」にゲストとして出演することになりました。私の資格人生を一時間にわたって振り返ります。

パーソナリティーの松任谷正隆さんはユーミンのご主人として有名ですが、トークも非常に上手と聞いております。ゲストにはいろいろな突込みがある番組だと聴いていますので、私の原点にもきっと迫ってくれるはずでしょう。

本当は3月ぐらいに出演していたのですが、いろいろスケジュールが合わなくて5月の出演となりました。1時間番組なのでどのような展開となるかはわかりませんが、私自身も楽しみにしています。

2100~2200の60分番組です。この日は昼間はテレビ番組のクイズ番組に出ています。それに引き続き、よかったら聴いてください。

【番組のサイトはこちら】

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち中村一樹の取材歴カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは中村一樹の勉強法です。

次のカテゴリは中村一樹の受験日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT) 4 テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01