カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

なぜ日本人は「他人を真似る」のか?①

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日本人はいかんせん周りの目を気にして行動することが多い。他人に比べて変なことをしていないか、ということを異常に気にするのである。これはなぜであろうか?

外国ではそういうことはない。あくまでも他人との違いは「個性」の一環であり、それはそれで尊重されるのである。かえって、他人のまねばかりしている人は評価が低いことも多い。

ところが日本ではそうではない。「出る杭は打たれる」という言葉の通り目立った行動をすることは帰って人の反感を買うことも少なくなく、また「空気が読めない」という言葉の通り、周囲と歩調を合わせることができない人は嫌われる。

確かに、常識の枠をはみ出た行動はそうかもしれないが、常識の範囲内で特殊な行動をすることがそんなに変なことだろうか?もっと個性が評価されるべきではないだろうか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: なぜ日本人は「他人を真似る」のか?①

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/670

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2011年9月16日 20:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「努力」は誰のためにする?」です。

次のブログ記事は「なぜ日本人は「他人を真似る」のか?②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01