カレンダー

« 2011年9月20日 »123456789101112131415161718192021222324252627282930

2011年9月20日アーカイブ

結局のところ、周囲の目を気にするあまり、日本では他人と異なることをすることを「よしとしない」ようだ。これは保身が大きな原因の一つである。自分が変革を行った場合、それに伴うリスクを負うのも自分である。このリスクを恐れて、思い切った変革をせず、周りに合わせようとするのが日本人であろう。これでは独創的な発想をする人や、みんなを引っ張っていくようなリーダーは生まれようがない。

とかく、日本社会では目立った行動をすることに対して批判の目が多い。ただ、成功者になった暁にはこういった目立った行動は「個性」として美化されるのである。ヒーローを称賛する国民性がありながら、そのヒーローを育てようとする国民性は欠けていると言わざるを得ない。

このように「他人を真似る」というのは、自分の保身に走って、無難な選択をしようとする表れではないか?だとすれば、野心や冒険心、ハングリー精神がないという若者を批判することはできないであろう。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月19日です。

次のアーカイブは2011年9月21日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT) 4 テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01