カレンダー

2011年8月 9日アーカイブ

受験生の皆さん、「夏を征する者は試験を征する」とよく言われます。これは本当でしょうか?

どちらかというと、夏は気候的にも大変だし、春や秋の方が勉強に適していると思われます。本当はその通りでしょうね。別に夏が一番実力が伸びる時ではないのでしょう。

ただ、これは逆に言うと、ほかの人も勉強しづらい環境だということでもあります。そういう意味では、苦しい時に頑張れると「ライバルに差をつけることができる」ということになるのです。夏は一番実力が伸びる時期というのではなく、夏は他人と一番差がつく時期だということになります。

ほかの人が楽をしているときに、自分だけが頑張る。これこそが差をつけることになります。絶対評価ではなく、相対評価の試験を受験される方、この夏をがんばることが合格につながります。頑張りましょう。私も応援しています。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月 8日です。

次のアーカイブは2011年8月10日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT) 4 テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01