カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

福島の「原発事故」に対する心配

| | コメント(0) | トラックバック(0)

連日のように、福島にある第一原子力発電所での放射能を心配するような報道がなされているが、基本的に現在のところ皆さんの心配しているような大きな問題ではない。マスコミの中でも知識のない人たちが騒いでいるが、現在のミリシーベルト単位の放射性物質では、キチンと気をつけて避難すれば、騒ぐほどのことではない。

シーベルトというのは、放射線に被曝した際の健康への影響を示す一つの単位であって、1ミリシーベルトというのは1シーベルトの1000分の1にすぎない。現在では数十ミリシーベルトといっているが、東海村の臨界事故で死亡した人などはその千倍以上の放射線を浴びているのであり、これとは次元が異なる。また、放射能の強さは距離が離れれば離れるほど弱くなるのであり、10km以上避難している人たちは十分に安全といえる。少なくとも避難している人にとっての影響は、まだまだ治療としてCTスキャンを浴びたり、エックス線写真を撮影したりした時に比べても危険なレベルではない。

こういった知識はエックス線作業主任者やガンマ線透過写真撮影作業主任者の学習をしたときのものである。資格の学習というのもちょっとは役に立つものだ。皆さんもパニックになることなく、風評被害などに惑わされず、冷静に行動してほしい。逃げる準備をする段階などでは全くない。マスコミの情報も、客観的なデータと人の意見というのはわけて判断するようにすることが大事である。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 福島の「原発事故」に対する心配

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/604

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2011年3月15日 13:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「東日本大震災」の被災地と検定試験」です。

次のブログ記事は「大震災で活躍している有資格者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01