カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

資格試験・検定試験における「不正」防止策④

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日までの例を見ればわかるように、日本の国家試験といえども、まだまだ管理が甘いといわざるを得ない。私が受けた公認会計士試験といえども、試験中にトイレの前までは監督員がついてくるものの、入口で待っている状態でトイレの中には入ってこなかった。もし、携帯電話を持ち込んでいたとしたら、個室の中で不正が行われてもおかしくはないはずである。

試験の運営管理にも限界がある以上、すべてを完全にということは出来ないと思われる。しかし、公務員採用試験や教員採用試験、難関の国家資格などにおいては、受験生も必死である。可能な限りの手を打つべきであるということは、まじめに勉強してきた受験生のためにも必要不可欠であろう。

なお、今後とも模倣犯が出てこないためにも、その他考えられる不正の手口についてはここでは書かないことにする。私がものすごい数の試験を受けてきて得た経験・感想を、今後の試験の公正な運営のために役立てていただきたく、関係団体から協力を要請されたらよろこんで行いたいと思う。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 資格試験・検定試験における「不正」防止策④

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/602

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2011年3月10日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「資格試験・検定試験における「不正」防止策③」です。

次のブログ記事は「資格試験・検定試験における「不正」防止策⑤」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01