カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

京都大学での入学試験「カンニング」について③

| | コメント(0) | トラックバック(0)

大学は入試自体も慣れ合いになっているのであろう。性善説に立ち、「そんな悪いことをする人はいない」ということを信じ切っているようである。しかし、それでは試験を「監督」している意味はない。

もちろん、性悪説に立ち、人を疑いの目で見ることを教育する側が行ってはならないことはいうまでもない。しかし、入学試験というのは入学してよいかどうかを試すために、公正・公平に行われることが大前提である。したがって、しっかりと「監視の目」を広げることが必要であることはいうまでもない。

取り調べが進むにあたり、判明してきたこともある。これからは防止策が必要である。しかしこれは入学試験に限ったことではない。資格・検定試験の実施についても同じことが言える。そして、これらも今後は変わっていくことになるであろう。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 京都大学での入学試験「カンニング」について③

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/597

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2011年3月 5日 07:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都大学での入学試験「カンニング」について②」です。

次のブログ記事は「京都大学での入学試験「カンニング」について④」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01