カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

京都大学での入学試験「カンニング」について①

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この事件の報道を見たときに、「ついに起きたか」というのが僕の個人的感想であった。以前から指摘はあったものの、やった明るみになったというのが現状だろう。

あらゆる試験において、カンニングの危険性というのは否定できない。最終的には個人のモラルの問題ではあるが、これを防ぐための方法を構築していかなければならないことはいうまでもない。しかも学校教育での初期段階、つまり小中学校からである。

試験というのは、人の出来・不出来を評価するものであるが、それは全員が平等な条件のもとで行っていることが大前提となる。カンニングがなされないための工夫を絶対に行っていかなければならない。

大学入試においても、以前には替え玉受験などが問題となり、受験生の本人確認をきつく行うようになった背景がある。今回の問題を経て、入試はどのように変わるのだろうか?

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 京都大学での入学試験「カンニング」について①

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/595

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2011年3月 3日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日のオンエアについて」です。

次のブログ記事は「京都大学での入学試験「カンニング」について②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01