カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

最近の「資格試験情勢」④

| | コメント(0) | トラックバック(0)

だからこそ、資格試験の実施団体は何をすべきなのだろうか。

まずは、口コミで評価が向上するような情報発信をすべきである。口コミで情報が伝わるためには、伝わるべき情報がそもそも提供されていることが前提である。それは、試験実施団体から提供されなければ世の中に伝わることはない。情報公開の必要性については以前からこのサイトでも述べているが、どのような情報が発信されるべきなのかについて、実施者側と受験者側とではちょっとした差異があるように思われる。

次に、口コミで情報が伝わるような環境が与えられるべきである。こういったご時世だからこそ、成功体験や人々のいい評価に目がいきがちではあるが、悪い評価に対しても、真摯な姿勢で今後の対応策を示すべきである。

人からの評価というのは自分で作り上げるものではないが、自分の姿勢そのものが評価に自然とつながるのである。試験実施団体としては、試験を運営していくことが何かということをよく把握したうえで、受験者目線での対応を心掛けてほしい。また、受験者側としても無意味な批判をするのではなく、どのようにすればより良い方向へと進むのかといった提言を含めた意見を積極的に寄せてほしいと思う。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 最近の「資格試験情勢」④

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/578

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2011年1月27日 15:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近の「資格試験情勢」③」です。

次のブログ記事は「「海上自衛隊」で講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01