カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

小学校教員資格認定試験の二次試験①

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は先月一次試験をパスした「小学校教員資格認定試験」の二次試験。

専門試験の論文式試験(私は算数で受験)と実技試験(私は音楽と体育で受験)があった。インターネット上でもあまり情報が書かれてない試験なので、私の受験感想を述べてみることにする。

まずは朝一で論文式試験。私にはよくあることだが、20分近く遅刻して試験に入った。算数を選んだ理由は、「半分は計算科目だから」というのが本音。何が出るかわからない学習指導要領に関する問題よりも、計算さえできれば半分は取れるという算数の方が私には有利だからだ。試験問題はいずれ文部科学省のHPで公表されると思うので、そちらを参考にしてほしい。

次に午前中に音楽の試験があった。今年の課題曲は「おぼろ月夜」。ピアノでの弾き歌いであるが、前日の深夜からしか練習しなかった私にとっては、ちょっと心配であった。試験で緊張することはないが、両手でひけば、さほど難易度の高くないような楽譜でもOKなので、最低限はクリアできたかな?

午後からが体育の試験。表現運動→マット運動→陸上運動→球技の順で受験した。表現運動は比較的自由な課題であったのでちょっと助かった。マット運動は小学校以来であったし、ろくに練習もしなかったけれども、たった2回しかできない練習で失敗しつつも本番は何とかまとめてみた。ちなみに、「側転→開脚前転→伸脚後転」の課題だった。陸上運動はハードル走、球技はバスケットボールのシュートとサッカーのドリブルだった。いずれも無難にこなせたと思う。

次年度以降受験する人へ、体育で受験すると待ち時間が長くて終了時刻が夜になってしまうので、気をつけよう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小学校教員資格認定試験の二次試験①

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/487

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年10月16日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「検定試験」の有する機能」です。

次のブログ記事は「小学校教員資格認定試験の二次試験②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01