カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

救急救命士を「介護支援専門員」に

| | コメント(0) | トラックバック(0)

報道によると、日本救急救命士協会は本日、介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格に救急救命士を加えるよう求める要望書を、厚生労働省に提出したそうだ。

救急救命士は医療職であるにもかかわらず、後からできた国家資格であるために、業界団体の力もまだそれほど強くなく、さまざまな不利益を被っているのが現状だ。今回問題となった介護支援専門員の実務研修受講試験の受験資格については、医師や看護師、薬剤師、介護福祉士、社会福祉士など一定の国家資格の取得者は、5年以上の実務経験と900日以上の従事要件を満たせばよいであるが、救急救命士はここでいう「一定の国家資格」には含まれていない。これは明らかな差別といえよう。

ほかの国家資格においても、同様に問題となることがある。資格を無試験で与えるならばともかく、講習の受講資格を認めるというのであればよいのではないだろうか。介護支援専門員はこれからますます需要が大きい資格であり、救急救命士のような専門知識を持った有資格者も望まれるといえよう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 救急救命士を「介護支援専門員」に

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/430

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年8月 9日 22:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「留学」に関する英語検定試験」です。

次のブログ記事は「「東京スポーツ」に掲載されました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01