カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日本電産で「語学検定」を高評価

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の報道によると、日本電産は2015年から課長代理以上の管理職への昇進の際に外国語1カ国語習得していること、そして2020年からは部長級への昇進の際に外国語2カ国語を習得していることを義務付けるそうだ。世界的に事業展開する大企業だからこそ、管理職には外国語の習得が不可欠であると会社的に判断した。

しかも、「外国語の習得」は検定試験で判断するという。たとえば英語ならば「TOEIC」など、中国語なら「HSK」など。これでどの級を取得したのか、どの程度の点数を獲得できたのかというので語学力を判断するのだという。具体的にどの検定試験を採用するかや、点数の基準などは今後決めるという。全部門の社員が対象になるそうで、今年の11月から全社員にTOEICを受験させる予定だそうだ。

今後就職や転職を考えている人、また日本電産への就職が内定している人、語学の勉強は早めに始めましょうね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本電産で「語学検定」を高評価

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/424

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年8月13日 07:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「東京スポーツ」に掲載されました」です。

次のブログ記事は「群馬県で「消費生活コンサルタント」を募集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01