カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

文部科学省で「講演会」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

以前依頼があったので、文部科学省で、検定事業者に対する「検定試験の評価ガイドライン(試案)」についての説明会において午後から講演会を行った。ガイドラインを作った「検定試験の評価の在り方に関する有識者会議」の木村主査とともに講師として話をした。

私のテーマは「学習者や利用者が検定試験に求めるもの」である。大した話はできなかったが、いち受験生として今後の検定試験に臨むべきことをいくつか述べさせていただいた。文部科学省下の公益法人をはじめとして、のべ100以上の検定試験・資格試験を実施する50近くの検定事業者が参加した、比較的規模の大きなものとなった。

私に限らず、検定試験・資格試験に対して「もっとこうあってほしい」といったことを望む人は少なくない。なかには実現できないことも、検定事業者側の事情もあるのだが、これから検定試験の質の向上のためにも、今回のガイドラインが一つのきっかけになればいいと思っている。

時間も短く、いい足りなかった部分も多々あるが、それはまたこのサイトでも順次述べていこうと思う。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 文部科学省で「講演会」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/423

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年8月20日 17:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米国公認会計士の学歴審査」です。

次のブログ記事は「「藤沢検定」もスタート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01