カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

「試験問題の作成」について

| | コメント(0) | トラックバック(1)

昨日は試験の出題者について書いたが、この一般論についてももう少し書きたいと思う。

私も様々な問題作成にかかわっていたし、現在でもいくつか引き受けている(守秘義務があってこれ以上のことは絶対に言いません)。入社試験や入学試験を作成するときにも、とにかく入念な下調べを行うことが重要である。つまり、合格者としてどのような人を望んでいるのか、ということをしっかりと把握したうえで、そういった人を選抜するための問題を作ることが重要なのである。

実際のところ、知識を試すような問題でも、問題の作成を工夫すれば、特定の人だけを合格させるような試験を意図的に作ることは可能である。通常の一般常識のような試験であっても、「女性の合格率は80%、男性の合格率は1.5%」といった企業の入社試験をかつて作成したこともある(つまり、会社からは「女性がほしいので女性が通るような筆記試験を作ってほしい」と依頼されたのである)。男女雇用機会均等法があるので露骨なことはできないものの、「試験の結果男性がほとんど通りませんでした」とすれば、企業も大義名分があることになるのである。

このようなことを書いていると、試験には裏の意図があるのだと誤解する人もいると思うが、通常の国家試験等でこのような意図がなされることはまずないと思ってよい。ただ、現実的には合格者を意図的に選べるような試験を作成することが可能だということは知っておいてほしいものである。

このテーマはかなりブラックなことにもなりかねないので、本日はここまでにしておきたい。いずれまた。

 

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「試験問題の作成」について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/385

» 資格ニュース20100708(シカクロード別館)~のトラックバック

特にコメントなし 【資格(公式サイト)】 ◆「講ç... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年7月 8日 07:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大学の講義もそろそろ「前期末試験」」です。

次のブログ記事は「時代に逆行?「アナログレコード検定」開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01