カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

宇宙飛行士と資格・検定試験

| | コメント(0) | トラックバック(0)

私の大学の2年先輩でもある山崎直子さんがスペースシャトルに乗って宇宙に旅立つこととなった。こういった分野で女性(しかもお母さん)が活躍することはすばらしいことだ。

私としては、宇宙飛行士になるのにあたって必要な資格がないのかどうかということが気になったので調べてみた。かつて、NASDAが宇宙飛行士を募集した際の条件が以下のとおりである。

1 日本国籍を有すること。

2 大学(自然科学系)卒業以上であること。

3 自然科学系の研究、設計、開発などに3年以上の実務経験を有すること(修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなす)。

4 宇宙飛行士としての訓練活動、幅広い分野の宇宙飛行活動などに円滑かつ柔軟に対応することのできる能力(科学知識、技術など)を有すること。

5 国際的な宇宙飛行士チームの一員として円滑な意思の疎通が図れるよう、英語が堪能であること。

6 宇宙飛行士としての訓練活動、長期宇宙滞在などに適応することができるような医学的・心理学的特性を有すること。

7 日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養を有すること。

8 10年以上宇宙開発事業団に勤務が可能であり、かつ海外での勤務が長期間可能であること。

9 所属機関(またはそれに代わる機関)の推薦が得られること。

たったこれだけで、特に資格・検定試験などに合格している必要はない。こうみると、宇宙飛行士って理系の仕事なんですね。年齢制限も特にないようです。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宇宙飛行士と資格・検定試験

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/346

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年4月 5日 05:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラジオ番組のオンエア」です。

次のブログ記事は「「日本最南端・最西端」のご当地検定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01