カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

検定試験ビジネス(その4)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

このような初期投資でできるからこそ、いまや検定試験を自社のプロモーション活動として行う大企業も増えています。テレビCMか全国紙の新聞全面広告を1~2回かやるだけの費用で、自社のファンを広げ、多くの人に広報することが可能なのです。検定試験はいまや、新たな広告媒体となっているのです。

典型例が、JR九州が開業120周年を記念したイベントとして、2010年10月までの限定で行っている「九州鉄道検定」である。この試験の3級と2級はインターネットで受験することができ、2級合格者になれば、2010年の5月と10月に福岡市で実施予定の1級試験に挑戦することができるという。鉄道の知識だけではなく、沿線の歴史・観光・文化などの幅広い分野から出題されるため、興味ある鉄道ファンが受験したり、また実際に九州まで鉄道で旅行するきっかけとなっている。イベントとして要する費用としてはそれほど高額ではないし、新たなファンを作り出すことができるという点ではいい広報となっているであろう(事実昨年これが発表された時にはマスコミ媒体等で大きく取り上げられていた)。しかも、期間限定であれば、それ以降続けていくということもないので、いいアイディアであったと思われる。

こういった意味で、検定試験ビジネスはまだまだ続いていくであろう。新たの広報、人集め、そしてファン層づくりの手段としての意味も込めて。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 検定試験ビジネス(その4)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/342

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年4月 1日 00:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検定試験ビジネス(その3)」です。

次のブログ記事は「ラジオ番組の収録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01