カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

検定試験開発にかかる「コスト」(その2)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の話が面白かったとの意見があったので、続きを書くことにする。

現に私のところに「こういう検定試験をやりたいんだがアドバイスがほしい」といった企画を持ってくる人も少なくない(年に何件か相談を受けている)。私は「一受験生」でいたいために、主催者側になって本格的にやることはよほど興味のある分野でもない限り、あまりない(やったことはもちろんありますが)。

それよりも、「どうやったらPRできるか」「何をすれば受験者が集まるか」といった相談のほか、「この試験を作ったので是非一度挑戦してください」といったお誘いまでたくさん頂いている(まあ、連絡をもらっていやな気はしないが)。それなりのやり方でやれば、検定試験は一定程度のビジネスも出るにはなると思う。

広告塔をやるつもりはないが、たしかに「こんな検定試験ができたんだなあ」ということがわかれば、このサイトでも紹介したくなるし、雑誌やテレビのインタビューなどでも話のネタとすることは少なからずある。内容的にみんなにもお勧めできるいいものについては、私としても今後とも積極的に取り掛かりたいと思う。

初期投資のコストが低下した現在、今後とも資格・検定試験ビジネスに乗り出そうという企業・団体は少なからずいるであろう。何のためにやるのか、どのようなスタンスで取り組むのか、といったところをはっきりとした上で、是非積極的に取り組んでほしいと思う。もちろん、微力ながら私がアドバイスできることがあれば、力になりたいとも思う。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 検定試験開発にかかる「コスト」(その2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/322

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年3月23日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検定試験開発にかかる「コスト」(その1)」です。

次のブログ記事は「ご当地検定で司法判断」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01