カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010年現在の「資格・検定ブーム」について(その1)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

以前にも書いたが、現在は「資格・検定試験のブーム」である。

毎年200近くの新しい資格・検定が誕生すると同時に、80程度のものが廃止されているのが現状といえよう。その点で、資格・検定試験の戦国時代ということもできるであろう。

なにも廃止されるのは無名で人数の集まらなかった検定試験ばかりではない。たとえば、1999年以来10年間も人気を保ってきた「時刻表検定」も2009年をもって終了となった(第1回の1級合格者である私もこれは悲しい)。また、大阪商工会議所が後援していたいわゆる「段取り検定(PWA検定)」も2009年12月の試験をもって廃止された。大きなバックボーンがあっても、一定の受験者数が確保できていても、試験が廃止されることはあるのである。

ただ、資格・検定試験が廃止されても、合格した実績が消えるわけではない(もしそうであれば、僕の受験してきた資格試験のうち20近くがもうすでに無効ということになる)。いずれ社会から忘れられていくのかもしれないが、合格した実績は永久に受験生のものである。受験生が「受けた意味がなくなった」というような資格運営だけで、実施団体が絶対にしてはならないことであろう。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2010年現在の「資格・検定ブーム」について(その1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/316

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年3月12日 00:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「事業仕分けと資格試験」です。

次のブログ記事は「2010年現在の「資格・検定ブーム」について(その2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01