カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

中国国内で「IELTS」試験の受験者が急増中

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨年末の、中国の新快報によると、2009年の中国国内における「IELTS」試験の受験者は30万人を突破したそうだ。前年比で、15%以上増加しているという。
IELTSはケンブリッジ大学など主としてイギリスの大学への留学の際に語学力の基準として用いられる英語検定試験。日本でもブリティッシュ・カウンシルというところが窓口となっている(僕も受験経験がある)。アメリカの大学でもTOEFL試験と並んで評価の対象となるところが多い。

中国における受験者のうち6割は学生で、海外での修士号取得を希望しての受験だそうだ。イギリスやアメリカへの留学をすることで、いい就職、高収入につなげようという試みである。経済が発展する中で、富裕層のご子息を中心に今後とも受験者が増えていることであろう。

これにとばっちりを受けそうなのが日本の留学希望者たちである。ただでさえもTOEFLのiBTテスト導入で日本の平均点はますます悪くなりそうな気配なのに、アジアからの留学生枠を中国にどんどん採られてしまうことになりかねない。経済的な成長の有無が背景にあるとはいえ、日本の英語教育をもう少し見直す時期になりつつあるのではないか?

文部科学省、中教審、こういった事態をどのように考えているのか?教育は未来の国民を育てる重要な過程。それがおろそかになるようでは、日本に将来はない。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国国内で「IELTS」試験の受験者が急増中

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/95

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2010年1月 2日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「2010年」謹賀新年」です。

次のブログ記事は「「子どもとかかわる仕事」の資格・検定試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01