カレンダー

« 2009年9月 »123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009年9月アーカイブ

三修社より、「1週間で書ける!公務員の合格作文」を出版しました。

この分野では一番売れている本であると同時に、僕の書いた本の中では一番売れている本の一つですので、最近の時事情勢を踏まえて、出題内容を一部見直しました。

この書籍は、1週間という短期間で合格答案を書けるようになることを目標としています。国語力などに関係なく、誰にでも書くことのできるような平易な文章で、部分点を着実に稼いでいく方法です。

 ・一般的な書き方の注意

 ・内容的な構成方法(パターン化)

 ・実際の出題例とその答案例

 ・本試験での出題情報

以上をまとめて、私の合格答案を書くためのノウハウを紹介しています。

 

すでに別の本で勉強されている方、これから至急対策をしなければならない方、とにかく論作文試験で点数を稼ぎたいという方、是非書店で本を手に取ってみてください。 

全国の書店で好評発売中です。

 

【ご購入はこちら】

すしに関する基礎知識をテーマにした一般向けの新しい検定試験「すし検定」が、2010年春にも始まることとなった。全国すし商生活衛生同業組合連合会が発表した。同時に、外国人を対象とした「すし職人認定制度」も創設するそうだ。

「すし検定」では、すしに関するネタ、歴史、業界用語などが幅広く出題されるそうだ。現在のところ、連合会のホームページ上で手軽に挑戦することができるものとなりそうだ。

「すし職人認定制度」では、入門編として「すしアドバイザー」を養成する仕組みを今後約1年かけて準備する予定だという。その後、技術面も含めた本格的な「すし職人」認定の制度についても具体化を目指すそうだ。

寿司業界についても生き残りをかけて、さまざまなチャレンジを試みていることがよくわかる。

【詳細はこちら】