カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

漢検の元理事長らを起訴

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日本漢字能力検定協会の協会前理事長の大久保氏らが昨日起訴され、さらに背任容疑で明日にも再逮捕されそうだ。
協会自体を私物化しているのだから、これは仕方がないことだろう。

一見、忘れ去られそうになっているこの問題ではあるが、氷山の一角のこの件だけで終わらせてはならない。

ほかの検定協会や国家試験を実施している財団などについても同様にメスを入れて、試験実施の透明化とクリーンさを公表すべきである。

いや、文部科学省をはじめとする国家機関にはその責務があるはずである。

私の思っていた中では、日本漢字能力検定協会は比較的業界の中でも情報をさまざま公開していた団体である。

資金面はともかく、受験者の構成や試験問題なども公開であった点は他の試験では見られない部分もあったと思う。

ほかの検定試験は本当に大丈夫なのだろうか?

 

なんどもいうように、資格試験や検定試験は「受検者が主役」なのである。

この受検者たちの夢や希望を害しないように、ぜひなってもらいたい。

そして、特に国家試験に対しては、もっともっと情報公開をしてほしいと思う。

そうしたところで、試験の公正さは十分に保てるのではないだろうか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 漢検の元理事長らを起訴

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/76

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2009年6月 8日 12:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東亜大学大学院のスクーリング」です。

次のブログ記事は「漢検の元理事長らを再逮捕」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01