カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

満点でもぎりぎり合格点でも「評価は同じ」②

| | コメント(0) | トラックバック(0)

私の持論ですが、100点満点で70点以上が合格というテストがあった場合、100点が最もいい点数ですが、次にいい点数は70点でしょう。99点よりも評価はうえだと思います。

逆に、最も悪い点数は69点でしょう。1点差で落ちても0点で落ちても同じ不合格ですが、69点の人はあと1点分努力しなかった、1点分の不注意があったという点で、受かるはずだったものを落ちた点でより悪いと思っています。

私も数多くの試験を受験してきましたが、ぎりぎりで落ちた経験は余りありません。逆に合格点ちょうどで合格した試験派覚えているだけでも10種類はあります。とにかく、試験という点だけ見れば「結果」がすべてなのです。


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 満点でもぎりぎり合格点でも「評価は同じ」②

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/266

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年10月22日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「満点でもぎりぎり合格点でも「評価は同じ」①」です。

次のブログ記事は「「合格点」を目指した勉強法とは①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01