カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

「過去問」は繰り返し出題される

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、過去問が試験問題作成に重要なヒントとなっており、われわれが本試験で何が出題されるかを考える上で、唯一といっていいほどのヒントになるのが過去問であることについて述べた。
資格・検定試験において、ここでいう過去問は、驚くほど何度も繰り返し出題されるという点を付け加えておきたい。
なぜなら出題者は、過去問で一度出題した知識を再び問うことによって、受験生がその過去問を勉強してきたかどうか、すなわち「合格」に値するだけの努力をしてきたかどうかを試そうとしているからである。この努力を惜しまなかった人には、試験で一定の点数が取れるというご褒美が与えられているのである。
だから、事前に過去問を勉強して、このご褒美を受けるのに必要な知識を身につけておくことは、合格の最低条件となっているのである。
特に、マークシート方式の試験問題であれば、出題者側はどの問題が正答率が高く、どの問題が正答率が低いのかといった点はもちろん、受験生がどの選択肢に引っかかったのかといった間違えやすい知識についてまで完全なデータを持っているのである。どの知識を問えば合格者と不合格者の差をつけることができるのかどうか出題者側が知っているのであれば、当然その点を次の試験でも突いてくることは間違いないといっても過言ではないであろう。
このように、繰り返し出題される「過去問」だからこそ、過去問学習が重要といえるのである。皆さんも、合格のための「過去問学習」をぜひ自分の勉強に取り入れてもらいたい。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「過去問」は繰り返し出題される

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年8月11日 20:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「資格・検定試験問題の「作成の仕組み」」です。

次のブログ記事は「正しい「過去問学習法」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01