カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

資格試験の「最難関」は?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「国家資格の最難関は?」という質問は、人によって答えが違うでしょう。

一般的には司法試験・公認会計士試験などが難しいといわれています。しかし、合格率からいえば公務員試験の国立国会図書館1種などは1%を切るので、合格するのはこちらの方が難しいことになります。

また、鎌倉彫技能師の1級などは、原則として15年以上の実務経験がないと受験できないので、これもそういう意味では難関といえると思います。

民間資格も含めれば、剣道10段等は難関といわれています。全日本検討選手権で5連覇した人が合格できなかった試験だったそうで、そう考えれば「日本で受かる人なんかいるのか?」とも思えます。

まあ、どの試験が難しいかというのは人によって違うと思いますので、これを比較してもしょうがないでしょう。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 資格試験の「最難関」は?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年7月27日 13:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「省庁再編」と資格試験」です。

次のブログ記事は「資格試験の「合格証」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01