カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

新しい資格試験の特徴①

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日本では毎年のように新しい資格・検定試験がたくさん誕生しています。国家試験もあれば、あまり受験者のいないような検定試験もあります。これら新しい資格試験には次のような特徴が見受けられます。

第一に、受験参考書などが出回っていないため、どのような問題が出るのか分からないという点です。

長年実施されてきている試験については、過去に出題された問題を見れば一定の傾向をつかむことができ、受験対策を立てることもできるのですが、新しい試験については、とにかく試験会場に行って問題文を見ないことにははじまらないのです。

第二に、各種資格試験の第一回の問題はやさしいことが多いのです。これは、受験生だけではなく、出題者にとってもまさに「第一回」だからなのです。即ち、出題者の方としても、受験生がどの程度できるかというのが捉えにくく、あまりに難しい問題を出題してその資格試験の受験生が減ってしまうことを避けるために、若干やさしめの問題を出題する傾向があるのです。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新しい資格試験の特徴①

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/227

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年7月30日 13:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「資格試験の「合格証」」です。

次のブログ記事は「新しい資格試験の特徴②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01