カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

「資格人気」の今後

| | コメント(0) | トラックバック(0)

最近私は、資格人気もかげりを見せつつあると感じるときもある。つまり資格がブームになるにつれ、さまざまな資格を取得している人が増え、その本来の価値に疑問を抱く人も増えてきているのだ。「人気の資格だから」とか「取りやすい資格だから」ということで資格を選ぶ。ある程度勉強して合格しても、たいして自分に対する評価があがらない。こういった理由で「これは使えない資格だ」などと批評している人が多くなっているのである。

実際に本当に使えない資格が存在することは私も否定しない。しかし、現代の日本人は、あまり深く考えずにただ世間に流されて資格を志す人が多いようである。このサイトでも何度かいっているが、資格の取得は「ゴール」ではなく、新たな「スタートライン」にすぎないのである。取ってからどうするつもりなのかという考えなしに、正当な評価が得られないのは当然というべきである。

企業が人を見るときは、その人の中身を見ているのであり、資格という外見はその中身を推測させる一つのきっかけにすぎない。すなわち、資格というのは自分を一段階成長させるためのきっかけとなるネタなのであり、資格を取得していること自体が直接的なアピールそのものとなるわけではないのである。この点にさえ注意すれば、自分自身を鍛えるのに最大限利用できるであろう。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「資格人気」の今後

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年6月22日 19:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「資格重視傾向」は1995年ぐらいから?」です。

次のブログ記事は「「級の低い検定試験」は意味がない?①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01