カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

「資格王国ニッポン」の背景

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日本が資格大国になった理由がいくつかある。

中でも、一番大きな理由が、就職・転職や昇進などの際の人材選定に、資格の有無が客観的な判断材料として適しているからである。

企業が人の優劣を判断するときには、その人の最低限の知識や経験のほか、どのような能力をプラスアルファーで持っているかということも、重要な視点となるのである。他人と違う能力を持っていることで、その人が有能な人材である旨の評価を受ける。これを手軽かつ客観的に証明することのできる手段こそが「資格の取得」なのである。

逆にいえば、日本では昔から「コネ採用」のように不公正な採用が行われてきた点から、客観的に判断可能な審査基準が必要だったのである。面接官の判断レベルの低下、面接官が保身にはしるため、学歴や資格を重視する選考が行われるようになったのである。これは採用時はもちろん、昇進や昇給においても同様である。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「資格王国ニッポン」の背景

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/196

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年6月13日 19:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「資格王国」である日本」です。

次のブログ記事は「学位授与機構の「経営学士」の試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01