カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

「資格重視傾向」は1995年ぐらいから?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

現代人が自己研鑚する必要を感じていることや、技術志向が強まっていることなどに基づき、資格の取得およびそれに伴う昇進・昇給を目指して、日本は1995年ぐらいから資格を重視する社会へと移ってきた。資格取得を契機に成功した人の事例が雑誌等で紹介されるにつれて、「私も」と2匹目のドジョウをねらって多くの人が挑戦しだしたのである。インターネットの普及により、資格試験に対する宣伝方法が変わり、体験談を載せるホームページやブログなどが普及するにつれて、人気に拍車がかかった形となっている。

現代では「資格取得」だけではアピールとならないというケースが多い。その裏に隠れているストーリーを出して、初めて評価の対象になるといえよう。ここのところは十分に気をつけてほしい。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「資格重視傾向」は1995年ぐらいから?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/199

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年6月20日 19:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「日本人の国民性」が資格社会を助長」です。

次のブログ記事は「「資格人気」の今後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01