カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

企業にとっての「資格の機能」④

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日も、企業にとっての資格・検定試験の機能について書きます。最後の機能は、「企業内の職業能力評価を補完する機能」です。

自社の従業員の能力を正しく評価するというのは上司のつとめといえます。しかし、売上高など具体的な数字で会社への貢献度を表すことのできる職種はいいのですが、そうでない職種の人にとっては、職業能力に対する評価がどうしても主観的になりがちで、正しい評価がなされないということもよくあります。

この際、資格というのはその人の技能を客観的に判断するものとして、機能します。年俸制の導入など、評価の客観化が重要になっている現代社会においては、この機能も無視できません。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企業にとっての「資格の機能」④

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/248

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年3月16日 18:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「企業にとっての「資格の機能」③」です。

次のブログ記事は「「週刊SPA!」に掲載されました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01