カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

「IT業界への就職」と資格試験③

| | コメント(0) | トラックバック(0)

視点は変わりますが、自分で企業を設立する場合には、会社を経営する以上、その事務所の防災管理が必要になりますので、「防火管理者」を取得しておくと便利です(ビルによっては管理人さんがやるというところもありますが)。これは各消防署単位で実施している2日程度の講習を受講することによって取得できる資格です。

また、起業するのでしたら、結局のところ経理が必ず問題になってきます。そこで、経営者としては最低限の簿記に関する知識が必要になってきます。「簿記検定」はもちろん、会計ソフトを使うのでしたら「パソコン財務会計主任者」なども有望といえるかもしれません。法人税や消費税についても基礎的なことを勉強しておきたいというのであれば、「税務会計能力検定」という資格もあります。

以上、3日間にわたっていろいろと紹介してきましたが、先述のように資格は不可欠なものではなく、一種のステータスにすぎません。経営に関する勉強をしていく上でのペースメーカーとして、資格試験を利用するというのがよいのではないでしょうか?

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「IT業界への就職」と資格試験③

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikakuou.com/mt/mt-tb.cgi/240

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格王が2008年3月 9日 18:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「IT業界への就職」と資格試験②」です。

次のブログ記事は「企業にとっての「資格の機能」①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01